30年保証システム

西洋ハウジングの住宅履歴情報システム

長く住み継がれる大切な住宅。その価値を守り続けるために、西洋ハウジングでは「住宅履歴情報システム」を導入し、将来にわたる安心をサポートします。

住宅履歴情報(いえかるて)とは?

いえかるて

住宅履歴情報(いえかるて)とは、大切な住まいの履歴書のこと。新築時の設計図面や施工中の写真、使用した材料の詳細など、お住まいに関する情報を、国が定めた情報サービス機関に、電子データとして蓄積していくものです。

住宅履歴情報(いえかるて)を実際に活用するのは、お住まいになるお客様ご本人。老朽化によるリフォーム、災害時の補修など、住宅を維持する時の資料として。あるいはお住まいを売買する時に、住宅そのものの資産価値を高める役割を果たします。

これまでの住宅は、新築から平均30年で取り壊されることが多く、それと同時に家の資産価値も全て失われてしまいました。これからは、住宅履歴情報(いえかるて)を活用することで適切なメンテナンスを行い、お住まいの寿命を長く伸ばすことができます。住宅の長寿命化によってその資産価値も長く維持することができ、質の良い住宅を、次世代また次世代へと長く住み継いでいくことができるのです。


住宅履歴情報(いえかるて)のメリットとは?

住宅の維持管理を計画的に行うことができる。
竣工時の図面や仕様などが分かっているため、今後起こるであろう住宅の維持管理について、効率的に計画することができます。
的確で合理的なリフォームが実現できる。
これまでの修理履歴などを参考にして、住宅をリフォームする時に的確な予算だてや理想の工期などを割り出すことができます。

売買する時に有利。
これまでの履歴が残る、信頼性のある住宅として売買することができます。また住宅履歴情報(いえかるて)の有無が、買取査定に反映する場合もあります。
災害時に迅速な補修ができる。
災害時に履歴情報を確認して、迅速に復旧・補修に対応することができます。設備機器の不具合も、情報をもとに早急に交換することができます。

住宅履歴情報(いえかるて)の利用に関するタイプ別内容

  • 長期優良住宅
    住宅に関する設計関係資料、仕様書、施工写真、維持管理等
  • 一般住宅
    住宅に関する設計関係資料、施工写真
  • 既存住宅流通活性化等事業に伴うリフォーム
    リフォームに関する保存が必要とされる資料

保存したい資料・データーは各タイプ全て、お客様が自由に保存出来ます。

お客様の住宅履歴情報「いえかるて」を見る

ログイン

外部サイトへ移動します。
住宅履歴情報(いえかるて)をご覧になるには、ユーザIDとパスワードが必要です。当社担当営業へお問い合わせ下さい。


西洋ハウジングでは住宅履歴情報の管理に、プロパティオン株式会社のシステムを利用しています。

※このシステムを利用する場合は、有料となります。

※物件によっては、対象とならない場合があります。