街づくり-汐見台・汐見台南

コータコート汐見台南

海と光とやさしさに抱かれながら、街は、美しく年輪を刻み続けています。

汐見台イメージ

街は、1980年の分譲以来、海に臨む美しい自然環境のもと、「人間優先の街づくり」を基本に、数々の環境を整えてきました。快適さという年輪を刻みながら成長を続け、さらなる美しさ、暮らしやすさを求め、住む人をあたたかく包みながら、新たな歴史を刻んでいきます。

人に優しい街、明るく大らかな暮らしが生まれる街です。

基本は、安心して暮らせること

安心への配慮、その一つが道路へのきめ細かい工夫。車の速度を抑える工夫など、人と車の共存をめざすボンエルフ道路を日本で初めて採用したのが汐見台(北工区)です。気兼ねなくのびやかに暮らせる配慮が街の隅々に息づいています。

※ボンエルフとは:オランダ語で農家の庭先を意味する言葉だが現代的には「交通の弱者である子ども、老人、自転車に優先権のある居住地域の街路」を指す。

基本は、安心して暮らせることのイメージ

いつも緑といっしょの暮らし

街の中心を走る大通りには広い歩道と多彩な緑帯が施されています。街のいたるところに厚みのある生垣を植栽し、公園や広場など憩いのスペースも数多く設けています。いつも自然を身近に感じる、潤いのある暮らしが街の特徴です。

いつも緑といっしょの暮らしのイメージ

美しく、明るく、開放的な街

温暖な気候に包まれた街は、ゆるやかな南面傾斜で光がいっぱい。あふれる陽光の下、南仏・プロヴァンス風のおしゃれな住まいなどが並び、統一感のある美しく開放的な街をつくっています。街が明るいと住む人の心も大らかになってきます。

いつも緑といっしょの暮らしのイメージ

おかげさまで、人口5,000人を超える街に成長しました。さらに豊かに、美しく輝く街であるように、しっかりと育み、見守り続けていきます。

汐見台の全体写真

汐見台・汐見台南 概要

所在地
宮城県宮城郡七ヶ浜町汐見台1~7丁目、汐見台南1~2丁目
総区画数
1,722 区画
シアンズコート松森の全体区画図